米ロの3宇宙飛行士、ロシアの宇宙船で地球に帰還

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NASAの宇宙飛行士マーク・バンデ・ヘイさん(左)とロシアの宇宙飛行士アントン・シュカプレロフさん(中央)、ピョートル・ドゥブロフさん=ソユーズMS―19内/Bill Ingalls/NASA

NASAの宇宙飛行士マーク・バンデ・ヘイさん(左)とロシアの宇宙飛行士アントン・シュカプレロフさん(中央)、ピョートル・ドゥブロフさん=ソユーズMS―19内/Bill Ingalls/NASA

(CNN) 国際宇宙ステーション(ISS)に滞在していた米国とロシアの宇宙飛行士3人が30日、ロシアの宇宙船「ソユーズMS―19」で地球に帰還した。

米航空宇宙局(NASA)のマーク・バンデ・ヘイ宇宙飛行士は過去最長の355日間、ISSに滞在。ロシアのアントン・シュカプレロフ、ピョートル・ドゥブロフ両宇宙飛行士とともに、米東部標準時の30日午前3時21分、ISSを離れた。

カザフスタンに着陸したソユーズMS―19
/Bill Ingalls/NASA
カザフスタンに着陸したソユーズMS―19 /Bill Ingalls/NASA

3人を乗せたソユーズMS―19は同日午前7時28分、パラシュートで降下してカザフスタンの平原に着陸した。帰還の様子はNASAのテレビやウェブサイトでライブ中継された。

ロシア管制センターの画面には英語とロシア語で帰還へのメッセージが表示された/NASA
ロシア管制センターの画面には英語とロシア語で帰還へのメッセージが表示された/NASA

ソユーズは垂直に着陸したものの、パラシュートが風にあおられて横転し、回収チームが乗員の脱出を手助けした。着陸後、ロシア管制センターの画面には、「着陸!」というロシア語と「お帰り、マーク!」という英語のメッセージが映し出された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]