冥王星に連なる火山地帯、「氷の噴火」で巨大ドーム形成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
冥王星の火山地域は他の準惑星とは異なったものだという/NASA/JHU Applied Physics Laboratory/SRI/Isaac Herrera/Kelsi Singer

冥王星の火山地域は他の準惑星とは異なったものだという/NASA/JHU Applied Physics Laboratory/SRI/Isaac Herrera/Kelsi Singer

(CNN) 太陽系の最果てにある準惑星の冥王星。米航空宇宙局(NASA)の探査機「ニューホライズンズ」がとらえた「氷の火山」が、改めて関係者を驚かせている。

ニューホライズンズは2015年7月に冥王星と衛星に最接近した。この時に収集した情報は、今も冥王星に関する定説を書き換えている。

氷の天体、冥王星の平均気温は氷点下232度。山脈や峡谷、氷河、平原、クレーターが存在している。地表に立てば、青い空と赤い雪が見えるはずだ。

写真の新たな解析を行った結果、冥王星の起伏の多い地帯の様子は、冥王星上のほかの地帯とも、近隣の惑星とも異なっていることが分かった。

米サウスウェスト研究所のケルシ・シンガー氏は、「太陽系のほかのどの場所でも見たことのないような、非常に大きな氷の火山が連なる場所が見つかった」と語る。

この研究結果は29日、科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表された。

この地帯は、古代の衝突盆地を覆う幅1000キロの氷床「スプートニク平原」の南西に位置する。この地帯はほとんどが起伏の多い氷水でできていて、溶岩ドームが連なり、最大級のドームは「ライト山」「ピカール山」と呼ばれている。

ライト山は標高約4~5キロ、全長150キロ。ピカール山は標高約7キロ、全長225キロ。

ライト山はハワイにある地球で最大級の火山、マウナロアに似ていると考えられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]