干潟に迷い込んだ救助犬、ドローンからぶら下げたソーセージで安全な場所に誘導 英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドローンにぶら下がったソーセージを追いかける形で難を逃れた救助犬のミリー/courtesy Denmead Drone Search and Rescue

ドローンにぶら下がったソーセージを追いかける形で難を逃れた救助犬のミリー/courtesy Denmead Drone Search and Rescue

(CNN) 英イングランド南部のハンプシャーでこのほど、危険な干潟に迷い込んだ救助犬をボランティアがドローン(無人機)を使って助け出す出来事があった。おなかをすかせた犬をドローンからぶら下げたソーセージで誘い出し、安全な場所までたどり着かせた。

救助犬として働く雌のミリーは今月13日、散歩中に首輪が取れた状態となり、そのままいなくなってしまった。

心配した飼い主から知らせを受けた地元のボランティア団体、デンミード・ドローン・サーチ・アンド・レスキューは、ドローン1機を飛ばしてミリーを追跡。20歳のボランティア、ステファニ・デニスさんがCNNの取材に答えたところによると、ミリーは長い距離を移動した後、干潟の中で立ち往生しているところを発見されたという。

これらの干潟は満潮時に水があふれることもあると、デニスさんは話した。

ボランティアは当初、徒歩やカヤックでミリーに近づこうとした。沿岸警備隊や消防、警察も捕獲に協力しようとしたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]