英諜報機関のクリスマスカード、スパイ志望の子どもにパズル挑戦呼びかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英諜報機関、政府通信本部が恒例のクリスマスカードを公開し、スパイを志す若者に対してパズルに挑戦するよう呼びかけている/Handout/PA/AP

英諜報機関、政府通信本部が恒例のクリスマスカードを公開し、スパイを志す若者に対してパズルに挑戦するよう呼びかけている/Handout/PA/AP

ロンドン(CNN) 英国最大の諜報(ちょうほう)機関、政府通信本部(GCHQ)が今年も恒例のクリスマスカードを公開し、スパイを志す若者に対してパズルに挑戦するよう呼びかけている。

GCHQのカードでは例年、国家安全保障に携わる同志やパートナー向けに、クリスマスにちなんだ難問が出題される。

しかし今年のカードは11~18歳の子どもを対象として、「悪魔のようなパズル」を詰め込んだ。クリスマスカードはGCHQの公式サイトからダウンロードできる。

子どもたちには、クリスマスツリーをテーマとしたカードでどんどん難しくなるパズルに挑んでほしいとGCHQは呼びかけている。

「エニグマ暗号機から現代の暗号まで、GCHQの歴史は国家にとって最大の難題に取り組む才能ある人材にあふれている。国家の安全を守り続けるためには、問題解決能力とチームワークが絶対に欠かせない」。GCHQのジェレミー・フレミング長官は声明の中でそう強調する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]