中国の有人宇宙船「神舟13号」、建設中の宇宙ステーションに到着

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇宙飛行士3人を乗せた中国の宇宙船「神舟13号」が建設中の宇宙ステーションに到着/Kevin Frayer/Getty Images

宇宙飛行士3人を乗せた中国の宇宙船「神舟13号」が建設中の宇宙ステーションに到着/Kevin Frayer/Getty Images

(CNN) 宇宙飛行士3人を乗せた中国の宇宙船「神舟13号」が16日朝、建設中の宇宙ステーションに到着した。まだ歴史の浅い中国の宇宙開発にとって大きな一歩となる。

3人を乗せた神舟13号は現地時間午前0時過ぎ、内モンゴル自治区のゴビ砂漠にある酒泉衛星発射センターから、ロケット「長征2号」で打ち上げられた。

中国有人宇宙プロジェクト弁公室(CMSA)によると、神舟13号は北京時間の16日午前6時56分、宇宙ステーション「天宮」の中核モジュール「天和」とのドッキングに成功。発射から約6時間半後のことだった。チームは今後、183日間にわたって宇宙ステーションで生活や作業を行う予定で、中国にとって過去最長のミッションとなる。

宇宙船に乗り込んだ飛行士は翟志剛氏と王亜平氏、葉光富氏の3人。

船長を務める翟氏は2008年に中国初の宇宙遊泳を行った人物であり、政府から「宇宙の英雄」の名誉称号を授けられている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]