橋の上に小型機が緊急着陸、18歳パイロットが操縦 米ニュージャージー州

パイロットにも橋の上にいた車両のドライバーにもけがはなかった/Kr4shorerealestate/Instagram

パイロットにも橋の上にいた車両のドライバーにもけがはなかった/Kr4shorerealestate/Instagram

FAAによると、現地時間の19日午後0時37分、パイロットが緊急事態を宣言し、幹線道路の橋の上に単発機の「パイパーJ3C―65カブ」が着陸した。

オーシャンシティーの広報は20日、同機に損傷はなく、橋の上にいた車両のドライバーにもけがはなかったと説明した。

ルーカスさんにもけがはなかった。同機に搭乗していたのはルーカスさんだけだった。

現場には着陸後間もなくオーシャンシティー警察やFAAが到着。FAAと国家運輸安全委員会(NTSB)が調査を行っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]