スペースXの火星ロケット実験機、「着地」に初成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペースX、火星ロケット実験機の着地に初成功

ニューヨーク(CNN Business) 米宇宙開発企業スペースXは米テキサス州で、開発を進める巨大ロケットの実験機「SN15」の打ち上げを行い、ロケットの「着地」に初めて成功した。

SN15は上空約6マイル(約10キロ)まで上昇し、アクロバティックな動きを見せた後、再びエンジンを噴射させ、着陸場所に垂直に着地した。

SN15は今回のような着地を狙った実験機としては5機目で、着地の成功は初めてだった。スペースXのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)はツイッターで、着地の成功を確認した。

SN15は巨大ロケット「スターシップ」の初期バージョンで、マスクCEOはいつの日かスターシップを使って人類を火星に送り届ける考えを明らかにしている。

スペースXによれば、SN15はこれまでの実験機に複数の改良を施した。改良のなかには、ハードウェアや通信とナビゲーションシステムの更新、巨大エンジンの改修などが含まれるという。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「宇宙」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]