スペースXの宇宙船、打ち上げ成功 民間初の有人飛行

有人宇宙船の打ち上げに成功

ケネディ宇宙センター(CNN Business)  米宇宙企業スペースXが開発した有人宇宙船「クルードラゴン」が米東部時間30日午後3時20分(日本時間31日午前4時20分)すぎ、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)に向かう軌道に乗った。

米航空宇宙局(NASA)のロバート・ベンケン飛行士(49)とダグラス・ハーレー飛行士(53)が約19時間かけて、米東部時間31日午前にはISSに到着する見通し。

米国から有人宇宙船が打ち上げられたのは、2011年のスペースシャトル退役以来、初めて。NASAの飛行士はこの間、ロシアのソユーズ宇宙船でISSとの間を行き来してきた。その費用は1座席当たり8600万ドル(約93億円)に及んでいた。

民間で初の有人宇宙船となったクルードラゴンは、スペースXが15年前から開発を進めてきた。

管制室にはNASAとスペースX、米軍の要員が集まり、協力態勢で打ち上げに臨んだ。

新型コロナウイルス感染対策として、管制要員が交代する際に部屋を移動して消毒を行うなどの措置を取った。見学者の人出が予想される付近のビーチでも警戒態勢を敷き、ケネディ宇宙センター内で取材が許された報道陣にマスク着用を義務付けた。NASA幹部の記者会見は大半が電話で開かれ、対面インタビューは1人ずつ実施された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]