NASAヘリコプター、火星で初飛行に成功 「他の惑星でのライト兄弟の瞬間」

NASAヘリコプター、火星で初飛行に成功

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)の小型ヘリコプター「インジェニュイティ」が米国時間の19日、火星で行った初飛行に成功し、地表に無事着陸した。地球以外の惑星で、動力による制御された飛行を実施したのは初めて。

インジェニュイティは、2月18日に火星に着陸した火星探査車「パーサビアランス」に搭載されていた。初飛行は米東部標準時の19日午前3時34分(日本時間同日午後4時34分)に実施。米カリフォルニア州パサディナにあるNASAジェット推進研究所の管制センターが受診したデータを解析し、飛行成功を確認したのは午前6時46分だった。

初飛行は当初今月11日に予定されていたが、事前のチェックで問題が見つかったために延期されていた。

インジェニュイティは火星の薄い大気の中で、地球からの助けなしに自律飛行を行った。NASAのチームはデータに加えて画像で成功を確認。まず届いた解像度の低い白黒画像には、インジェニュイティのナビゲーションカメラがとらえた火星の地表に映る機体の影をとらえていた。

パーサビアランスからも、インジェニュイティの飛行の様子を撮影した画像が送られてきた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]