1人目妊娠中に2人目を妊娠、「過剰受胎」の女性が驚き語る 英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
生まれた時点でノアちゃんの体はロザリーちゃんの2倍近い大きさだった/CNN

生まれた時点でノアちゃんの体はロザリーちゃんの2倍近い大きさだった/CNN

第1に、女性は通常1サイクルで1回しか排卵せず、この時に一つまたは複数の卵子を排出する。男性の精子による受精に成功した場合、卵子が子宮に着床して妊娠が始まり、もう排卵は起きない。

「女性が双子を妊娠する場合、二つの卵子は同時に排出される。珍しい三つ子の場合でも、こうした卵子は1回の排卵ですべて排出される」(シャピロ氏)

シャピロ氏によると、レベッカさんのケースでは、まず卵子が受精して1回目の排卵で着床した後、「どういうわけか同じサイクルでもう一度排卵した」。「別の卵子も受精してもう一つ胚ができ、二つの胚が異なる時期に着床した」という。

過剰受胎が例外的であるもう一つの理由は、ひとたび妊娠が始まると、子宮はもう着床に適した場所ではなくなることだ。つまり、2つ目の胚は「普通なら成長可能とは思えない段階で着床し、成長した可能性が高い」(シャピロ氏)

レベッカさんはちょうど、ノアちゃんの妊娠前に排卵誘発剤を服用していた。それが珍しい過剰受胎の一因になった可能性はあるものの、単純に「医学上の奇跡」の可能性もあるという。

2人の赤ちゃんは昨年9月に帝王切開で生まれ、最初は別々の新生児特定集中治療室(NICU)で過ごした。生後7カ月近い今でもノアちゃんの方が成長が早いものの、ロザリーちゃんについても全く心配ないと父親は語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]