青銅器時代の女性、強い政治権力有したとの新研究 スペイン

スペイン南東部にある青銅器時代の遺跡。支配階級の男女が埋葬された墓所を有する/Universitat Autònoma de Barcelona/Antiquity Publications Ltd

スペイン南東部にある青銅器時代の遺跡。支配階級の男女が埋葬された墓所を有する/Universitat Autònoma de Barcelona/Antiquity Publications Ltd

(CNN) スペイン南東部にある太古の構造物を調べていた考古学者らが、4000年前の青銅器時代における現地の社会について、女性が強い政治権力を保持していた可能性があるとの見解を示した。この時代に対する従来の考察とは一線を画す見方だという。

バルセロナ自治大学の研究グループは11日の発表文の中で、「エル・アルガール文化」として知られる当時の社会を統治するうえで支配階級の女性たちが重要な役割を担っていたと指摘した。

グループの考古学者らは現在のムルシア州に位置する遺跡の墓所を調査。王侯に類する人物が埋葬されたとみられるこの墓所から見つかった副葬品を分析した。

墓所に収められている2体の人骨は、35~40歳の男性と25~30歳の女性のもの。副葬品は30点ほどで、ほとんどは銀で作られている。

墓所からは約30点の副葬品が見つかった/J.A. Soldevilla/Universitat Autònoma de Barcelona/Antiquity Publications Ltd
墓所からは約30点の副葬品が見つかった/J.A. Soldevilla/Universitat Autònoma de Barcelona/Antiquity Publications Ltd

大半は女性のための装飾品で、ブレスレットやネックレス、耳飾り、冠などが含まれる。

これらの副葬品が最初に発見されたのは2014年。現在は、この墓所の上に統治機能を有した宮殿に相当する構造物があったと考古学者らは断定している。

バルセロナ自治大学で先史時代を研究し、墓所に関する論文の共同著者も務めるクリスティーナ・リウエテ教授は、統治機能を有した構造物の下部に埋葬されていることがこれらの人物の社会的地位の高さを裏付けると指摘。高度に階層化された社会で、女性たちは政治エリートの一部を形成していたとの見方を示した。

墓所に埋葬された男女1組の人骨/Universitat Autònoma de Barcelona/Antiquity Publications Ltd
墓所に埋葬された男女1組の人骨/Universitat Autònoma de Barcelona/Antiquity Publications Ltd

同教授によると、エル・アルガール文化の女性たちは独立した政治的権力を持つことができた。

「当時の女性たちが果たした役割は、これまで想像されていたよりもはるかに重要だった」(リウエテ氏)

エル・アルガール文化が栄えたのは紀元前2200~1550年。最後の200年間には、地中海西部で初めて、国家に類する統治機構を築いていたともいわれる。

今後も研究グループで発掘を継続し、同文化の知見を深めていく計画だとリウエテ教授は語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]