400万ドルの宝くじに当せん、3年ぶり2度目 米男性

自身2度目となる400万ドル当せんを果たしたマーク・クラークさん/from Michigan Lottery Connect

自身2度目となる400万ドル当せんを果たしたマーク・クラークさん/from Michigan Lottery Connect

(CNN) 米ミシガン州の男性がこのほど、宝くじで400万ドル(約4億3000万円)に当せんした。この男性は3年前にも400万ドルに当せんしており、2度目の賞金獲得となった。

ミシガン州サウスロックウッド在住のマーク・クラークさん(50)は今月、2度目の当せんを果たした後、「数百万ドルも当てるとは考えない。それが2度起こるなんて決して思わないだろう。自分の感情を正しく言葉にすることは難しい」と語った。

クラークさんの幸運の物語は3年前に始まった。

クラークさんは当時、燃料をガソリンスタンドに配送していた。インスタントの宝くじを買って削ると、店員に見せるよう書かれていたので、そうした。店員がクラークさんとしゃべりながら残りのスクラッチを削ると表情が変わり、400万ドルが当たったと告げられたという。

クラークさんは仕事に戻り、両親に当せんを伝えると、しばらくして仕事を辞めた。

そして、今年6月に入り、再びインスタントの宝くじを購入すると、再び400万ドルに当せんしたという。

クラークさんは約10年前に父親からもらったコインを使って宝くじを削ったという。父親は体調を崩して約1年前に亡くなっていたが、クラークさんは「今回の当せんはラッキーなコインに助けられたのではないかと考えずにはいられない」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]