米NASA、新しい宇宙服を発表 「アルテミス計画」で着用

NASA、新型宇宙服を発表

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は15日、新しい宇宙服2種類を発表した。米国は2024年までに再び人類を月面に着陸させる「アルテミス計画」を進めている。

月の南極への着陸時に着用する宇宙服は「xEMU」と呼ばれ、宇宙船のように宇宙飛行士を保護するという。色は赤と白、青が使われている。

もうひとつのオレンジ色の宇宙服は宇宙船の打ち上げや大気圏への再突入の際に着用し、熱から宇宙飛行士を保護するという。

今回の宇宙服では、1960年代から70年代にかけて行われた「アポロ計画」時代の宇宙服に使われた科学技術や国際宇宙ステーション(ISS)で使われているテクノロジーを改良。より快適で動きやすくなっている。

NASAがアポロ計画などのために最初の宇宙服を開発した際には宇宙飛行士には特別なスーツが必要であることを認識していた。宇宙服は海軍の飛行服を高高度向けに改良したものだった。

NASAは月や月の表面についての知識も増えた。例えば、アポロ11号が月面に着陸する前、技術者が懸念していたのは、月の砂が、着陸船を支えたり、宇宙飛行士が歩いたりできるだけの安定性が十分にないことだった。

しかし、月の砂はガラスのような小さなかけらだという別のリスクがあることがわかった。また、月面の気温は極端で宇宙飛行士の安全を損なう可能性もあった。

新しい宇宙服は月の砂を締め出すように設計されているほか、気温がマイナス約156度から約121度の間で宇宙飛行士の安全を維持できるようになっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]