インドで熱波続く、36人死亡 近年最長規模に

水量の減少したガンジス川の干上がった川床を歩く男性=12日、アラハバード/Ritesh Shukla/NurPhoto via Getty Images

水量の減少したガンジス川の干上がった川床を歩く男性=12日、アラハバード/Ritesh Shukla/NurPhoto via Getty Images

ニューデリー(CNN) インドで近年最長規模の熱波が続いている。国家防災庁(NDMA)の報道官はCNNに対し、今夏の死者が少なくとも36人に上ったことを明らかにした。

インドはこのところ北部と中部を中心に30日以上連続で酷暑に見舞われており、首都ニューデリーでは10日、6月の観測史上最高となる気温48度を記録した。

西部ラジャスタン州チュルでは1日、気温が50度を超えた。

高温日が続く要因としては、モンスーン到来が遅れたことが挙げられる。南部では例年より7日遅い6月8日ごろに到来、北部では依然として雨期が始まっていない。

インド熱帯気象研究所の研究員はCNNの取材に、熱波は「より激しく頻繁に」なってきていると指摘した。

NDMAは2016年夏、熱波の影響を緩和する一連の取り組みを開始。路上生活者向けシェルターの開設、州政府の労働時間調整による酷暑の回避、飲料水販売店の設置、熱吸収を減らすために屋根を白く塗る施策などを打ち出していた。

この結果、近年のインドでは熱波による死者が大きく減少している。15年には2400人以上が熱波で死亡していたが、翌年は250人にとどまった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]