宇宙ステーションに民間人滞在、NASAが来年にも開始

NASAが国際宇宙ステーションに民間人を滞在させる事業を開始へ/NASA

NASAが国際宇宙ステーションに民間人を滞在させる事業を開始へ/NASA

アトランタ(CNN Business) 米航空宇宙局(NASA)は7日、旅行費用を支払った民間人を国際宇宙ステーション(ISS)に滞在させる事業を早ければ2020年に開始すると発表した。

NASAの報道発表文によると、民間人を送り出すミッションは毎年、最多2回で、ISSに最長で30日間滞在させる。旅行費用は1泊当たり3万5000ドル(約378万円)以上。部屋代、滞在費やISSでの空気代としている。この他、往復の輸送費に数百万ドルかかるとみられる。

希望者は健康でなければならず、NASA規定の厳しい医学面での基準を満たし、ISSの訓練をこなせることなどが求められる。

NASAが承認した商業用の宇宙船でISSに到着し、ステーション内もしくは付設された仕事用の区画で商業やマーケティングの業務に従事する。

ただ、NASAによると、これらの業務はNASAの職務遂行に関連したものでなければならない。微弱な重力が支配する独特の環境にあるISS内で生産、開発プロセスや低軌道周回における持続的な経済の在り方を模索することが促される。

民間人の派遣事業は、現在はISSにある米国の実験室内のみで進められている研究、開発作業の範囲を越えた商業活動の拡大を狙う本格的な努力の一環。NASAは、ISS実験室での商業化を視野にした生産活動やNASAと民間飛行士による新たな商業活動を容認するとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]