米海軍、「UFO目撃報告」の正式手順を規定

未確認飛行物体(UFO)を目撃したと思われる場合の正式な報告手順が策定された/Defense Department/New York Times

未確認飛行物体(UFO)を目撃したと思われる場合の正式な報告手順が策定された/Defense Department/New York Times

ワシントン(CNN) 海軍パイロットが未確認飛行物体(UFO)を目撃したと思われる場合、正式な手順に従って報告を――。米海軍はこのほど、そうした説明不可能な現象に遭遇した場合を想定して、正式な報告手順を定めていることを明らかにした。

海軍は各部隊に通知を出し、報告の手順について具体的に説明する予定だとしている。

もっとも、海軍当局者がCNNに語ったところによると、海軍は宇宙人が米国の領空を飛行していると信じているわけではないという。

海軍の声明では、「ここ数年で、無許可あるいは未確認の飛行物体が軍の管制圏や指定空域に侵入したという報告が多数ある」と述べ、「そうした侵入は安全保障上のリスクであると同時に、海軍と空軍の両方の安全を脅かす。安全と安全保障上の懸念から、海軍と空軍はそうした報告を真剣に受け止め、それぞれの報告について調査する」と説明した。

新しい指針では、報告の手順を標準化し、軍が詳しい検証のために利用するレーダーなどのデータの保存について規定する。

別の米軍高官はCNNに対し、最近の目撃情報の中には高度な機密扱いの軍の航空プログラムもあったと語った。

この目撃情報は一般の注目を集めたことから、海軍の情報担当高官が米議会や航空関係者に説明を行ったという。

米国防総省は何十年にもわたって断続的に、説明不可能な現象について調査する取り組みを行ってきた。直近のプロジェクトは2012年に打ち切られたが、同プロジェクトの責任者だった元国防総省高官のルイス・エリゾンド氏は打ち切りに抗議して辞任。2017年のCNNの取材に対し、宇宙人の飛行物体が地球を訪れている可能性は排除できないと語っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]