麻薬探知犬の首に700万円の「懸賞金」、犯罪組織が発表 コロンビア

コロンビアの麻薬探知犬「ソンブラ」は人気者/Policía Antinarcóticos/Twitter

コロンビアの麻薬探知犬「ソンブラ」は人気者/Policía Antinarcóticos/Twitter

(CNN) コロンビア警察は28日までに、同国の犯罪組織「ウラベノス」が麻薬探知犬の首に2億ペソ(約770万円)の懸賞金をかけたことを明らかにした。

この犬の名前は「影」を意味する「ソンブラ」。6歳のジャーマンシェパードで、子どもにも大人にも非常に人気がある。麻薬探知の能力に優れ、これまで少なくとも245人の身柄拘束や、ウラベノスのコカイン9トンの押収につなげてきた。

懸賞金の発表を受け、安全面の懸念からソンブラは首都ボゴタの空港に移された。通常の担当者に加え、他の警官も付き添って警戒に当たっているという。

ウラベノスはコロンビアで最も強力な犯罪集団の一つで、そのトップは最重要指名手配を受けている。

「ウラベノス」がソンブラの首に懸賞金をかけた
「ウラベノス」がソンブラの首に懸賞金をかけた

警察麻薬対策部門の幹部は地元メディアの取材に、「ソンブラは300近い作戦に従事してきた」と説明。その勇気をたたえられ既に二つの勲章を獲得しているほか、年内に三つ目の勲章も授与される可能性があると述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]