NYのイエネズミは細菌とウイルスの巣窟、新種や耐性菌も

建物の中で餌を探し回るイエネズミ

建物の中で餌を探し回るイエネズミ

(CNN) 米ニューヨークの安アパートから高級マンションまで、至る所に出没するハツカネズミなどのイエネズミ。その生態を1年がかりで調べた結果、ネズミたちの多くが未知のウイルスや人命を脅かしかねない細菌を持っていることが分かった。中には抗生剤が効かない耐性菌も含まれていた。

「ネズミの糞(ふん)には、一般的な抗生剤では治療が難しい有害な細菌が含まれている可能性がある」「汚染された場所は徹底的に洗浄し、汚染された食品は破棄しなければならない」。論文を執筆したコロンビア大学のイアン・リプキン氏はそう語る。

この論文は、17日の米微生物学会誌に掲載された。

リプキン氏の研究チームは、ニューヨーク市の4地区(スタテン島を除く)で7カ所にある住居用のビルから、約1年かけてネズミ416匹を収集した。捕獲場所は半地下にあるごみ収集場所付近が中心だったが、5匹は商業ビルの調理場や食品保管場所で、1匹は個人のアパート内でネズミ捕りにかかった。

捕獲したネズミの糞を調べたところ、235の分類に属する149種類の細菌が見つかった。この中には、胃腸障害の原因となるクロストリジウムディフィシル菌、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌などが含まれていた。

細菌をさらに詳しく調べた結果、複数の抗生剤に対して耐性をうかがわせる遺伝子を持っていることが分かった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]