風船80個で大空へ、風に吹かれて24キロ飛行 南ア

風船付きの椅子で空中散歩

(CNN) 南アフリカでこのほど、英国出身の男性がヘリウムガス入りのパーティー用風船およそ80個を接続したキャンピングチェアに腰掛けて空に浮かび上がり、約24キロの距離を2時間かけて飛行する出来事があった。

この一風変わった空の旅を楽しんだのはトム・モーガンさん。風船を使ってのエアレースという自ら考案したイベントの実現性を検証するため、今回の飛行に臨んだという。

両脚をぶらぶらさせながら空高く舞い上がる感覚について、モーガンさんは「安らぎと恐怖心がちょうど半分ずつ」と語る。

風が強くなってきたとの報告を飛行中に受けると、モーガンさんは風船の空気を抜きながら高度を下げ、地上に戻った。

大量の風船の浮力で空中を漂った今回の試みは、米ピクサー製作のアニメ映画「カールじいさんの空飛ぶ家」のワンシーンを地で行く冒険だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]