環境汚染で毎年170万人の子どもが死亡 WHO報告

大気汚染や不十分な衛生設備、不衛生な生活習慣といった環境汚染で170万人の子どもが死亡している

大気汚染や不十分な衛生設備、不衛生な生活習慣といった環境汚染で170万人の子どもが死亡している

(CNN) 環境汚染が原因で死亡する子どもは世界で毎年推定170万人に上ることが、6日発表の世界保健機関(WHO)の報告で明らかになった。

生後1カ月から5歳までの乳幼児のうち、4人に1人が環境汚染で命を奪われることになる。

環境汚染にかかわる死因としては飲み水の汚染や不十分な衛生設備、不衛生な生活習慣、大気汚染や屋内の空気汚染などが挙げられる。

報告によると、一般的な死因の多くは、各地域で現在実用化されている対策によって防ぐことが可能だという。たとえば下痢やマラリア、肺炎は、殺虫効果のある蚊帳や調理用燃料のクリーン化、安全な水の確保などで予防できる。

WHOのマーガレット・チャン事務局長は声明で「環境汚染は特に幼い子どもたちにとって、命にかかわる問題だ」「子どもは臓器や免疫システムが発育途上にあり、体も気管もまだ小さいために、汚染された空気や水による影響を受けやすい」と指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]