北京で「環境警察」新設、焼き肉やごみ焼却も取り締まり

2017.01.09 Mon posted at 09:26 JST

[PR]

(CNN) 深刻な大気汚染が続く中国・北京市で、市民による化石燃料の燃焼を取り締まることを目的とした「環境警察」が創設されたことが9日までにわかった。国営メディアが伝えた。

環境警察は北京の蔡奇・市長代行が指揮を執る。中国国営新華社通信によると、蔡氏は7日の会合で、2017年中に北京市内の16地区で大気汚染の改善を目指して対策を強化すると表明。これまで当局が見過ごしていた屋外バーベキューやごみ焼却、バイオマス燃焼といった行為を環境警察が取り締まる。

新華社によると、中国では大気汚染の深刻化を受けて警戒レベルが4段階で最も高い「赤色警報」が約24都市に発令され、工場などの操業停止、車両の通行規制といった措置を講じている。

しかし違反者は後を絶たず、環境保護当局は中国企業500社以上、車の所有者1万人あまりを摘発してきた。

当局者2682人も取り締まり不徹底の責任を問われ、多額の罰金を言い渡されたと新華社は伝えている。

北京では直近でも1週間以上にわたって深刻な大気汚染が続き、北京の米大使館によれば、大気質指数は「有害」とされるレベルに到達していた。

メールマガジン

[PR]