インド版スペースシャトル、初の打ち上げ実験に成功

インド・ニューデリー(CNN) インド宇宙研究機関(ISRO)は23日、国内で製造した「再使用可能打ち上げ機」の打ち上げ実験に初めて成功した。同機はインド版のスペースシャトルに相当し、本格運用が開始されれば人工衛星を軌道に送り込むことが可能になる。

無人の打ち上げ機は高度65キロに到達して引き返し、制御を保ったままベンガル湾に無事着水した。飛行時間は約13分だった。

ISROは10年がかりでこのプロジェクトの準備を進め、実機の設計・製造には5年を要した。ISROの広報は今回の実験について、「まだ単なる実験にすぎない。再使用可能ロケットを完成させるまでにはこの先何年もかかる」と話す。

モディ首相はツイッターへの投稿で打ち上げ成功を祝った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]