1600年前の沈没船発見、青銅像やコインも イスラエル沖

海底から古代ローマの青銅の像やコインが発見された

海底から古代ローマの青銅の像やコインが発見された

イスラエル北部カエサリア(CNN) イスラエル北部の地中海沿岸にある港湾遺跡カエサリアの沖合で、ダイバー2人が1600年前の沈没船を発見した。船の中からは古代ローマの硬貨や青銅像が見つかった。

沈没船が発見されたのは4月下旬。その後の海底調査で、ローマ神話の太陽神ソルをかたどった青銅のランプや月の女神ルナの像、瓶のかけらなど、砂の下に埋もれていた貴重な遺物の全容が明らかになった。

何千枚もの硬貨のかたまりも見つかった。2つのかたまりはそれぞれ約18キロの重さがあり、硬貨が詰まっていた陶器の形を残している。

硬貨には、4世紀に対立した西ローマ帝国のコンスタンティヌス帝と東ローマ帝国のリキニウス帝の肖像が描かれていた。

イスラエル考古学庁で海洋考古学部門を率いるヤコブ・シャルビット氏は、沈没船が見つかった場所に重要な手掛かりがあると指摘する。「再利用向けの金属を運んでいた大型船が港の入り口で嵐に遭い、漂流した末に防波堤と岩に激突したのだろう」と、同氏は話す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]