夜空を横切る巨大な火の玉、車載カメラが撮影 米

2016.05.18 Wed posted at 12:28 JST

[PR]

(CNN) まるで地球の破滅を描いた映画の一場面のよう――。夜空を横切る巨大な火の玉を、米メーン州ポートランド警察の車載カメラが偶然とらえた。

撮影されたのは、17日未明に起きたほんの数秒間の出来事。宇宙のちりなどが大気圏に突入して燃える「流れ星」の中でも、特に明るい「火球」という現象だったとみられる。

米流星学会(AMS)によると、宇宙からの落下物は毎日地球に降り注いでいて、大きい物ほど光も大きい。カメラの映像から判断すると、火球の正体は車1台ほどの大きさの小惑星だったようだ。

AMSには、光とともに衝撃音が聞こえたという報告も多数寄せられたことから、小惑星は大気圏で燃え尽きず、隕石となって地上に落ちたと考えられる。

AMSの幹部によると、こうした現象自体は珍しくないものの、そこに居合わせて目撃するのは「一生に一度あるかないかのチャンス」だという。

メールマガジン

[PR]