壁に尿撃退の特殊塗料、立ち小便対策で 米サンフランシスコ

サンフランシスコが立ち小便対策に乗り出した

サンフランシスコが立ち小便対策に乗り出した

(CNN) 米サンフランシスコ市当局は26日までに、市内10カ所の外壁などに尿の成分をはねつける特殊塗料を施す作業を開始した。地元のCNN系列局KPIXによると、慢性的な頭痛の種となっている「立ち小便」対策の一環。 

同市の公共事業部門の責任者によると、ドイツ・ハンブルクでナイトクラブ密集地区の壁に液体を通さない特殊塗料を塗った事業に触発された措置となっている。

不届き者が壁に放尿した場合、壁の下に流れ落ちず、排尿の当人にはね返って衣服や靴が汚れる可能性もあるという。

立ち小便対策はサンフランシスコ市にとって長年の課題となっている。2002年には公共の場での放尿を禁止し、違反者に50〜100ドル(約6200〜1万2400円)の罰金を命じる法案も成立したが、ほとんど効果はなかった。

市に排尿場所を蒸気噴出の機械で洗浄する要請は今年1月以降、市内の様々な場所から約375件届いている。特殊塗料の活用は同市の放尿の多発地帯の減少につながると期待している。

公共での立ち小便の問題はサンフランシスコ市に限ったわけではない。香港では昨年、幼児が路上で放尿する姿の撮影画像が出回り、地元住民と中国大陸の観光客との間で衝突寸前の事態にもなっていた。

インドの首都ニューデリーでは2009年、同市の密集した路上沿いに立ち小便を思いとどまらせる大きな掲示板が立つ対策も講じられていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]