ゴリラが体当たりでガラスにひび、客逃げる 米動物園

(CNN) 米ネブラスカ州オマハのヘンリー・ドアリー動物園で19日までに、ゴリラ1頭が公開施設の仕切りガラスに体当たりしてひび割れを生じさせ、見物していた家族らが慌てて逃げる一幕があった。

同動物園は、ガラスの内部はアクリル製品などを使った多重構造となっており、ひび割れが生じたとしても入園客に危険はなかったと説明している。

動物園の公式サイトによると、ガラスに跳びこむような形でぶつかったのは20歳のニシローランドゴリラで体重は約170キロ。

展示場前から慌てて離れた家族の一員がガラスへの激突をビデオ撮影し、ソーシャルメディアに掲載。100万回以上のアクセスがあったという。

家族によると、公開施設前に到着した際、問題のゴリラの目の下には出血がみられ、他の1頭と格闘したことに触れる複数の飼育員の会話が聞こえてきたという。この後、ゴリラがガラスへ突進してきていた。

同動物園の職員によると、雄のゴリラは時々、仲間と小競り合いを起こすことで知られる。また、壁やガラスをたたいて、自分の勇ましさを誇示することもある。今回のガラスへの激突は異常な事例と受け止めていなかったため、ソーシャルメディア上の大きな反響に驚いたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]