クジラが2万2500キロを移動 世界記録

(CNN) 北太平洋に生息するコククジラが2万2500キロを移動したことが確認され、哺乳類の移動距離としては最長を記録した。クジラの追跡調査を行っている米オレゴン州立大学が発表した。

記録を達成したのはメスのコククジラ「バーバラ」。ロシアのサハリン島付近から太平洋を横断し、米西海岸沿岸を経てメキシコのバハにたどり着いていた。

ギネス・ワールド・レコーズによると、これまでの最長記録はザトウクジラが移動した1万6400キロだった。このクジラは繁殖地である赤道付近の温暖な海と、餌が豊富な北極圏や南極圏の海との間を往復していた。

バーバラは絶滅が危惧される西太平洋のコククジラと見られているが、研究者によれば、東太平洋のコククジラの繁殖地として知られる3カ所の海域を経て移動していることが分かった。メキシコ沖に戻ったことで「そこが出生地であることが強く示された」という。

西太平洋のコククジラは個体数が150頭にまで減少しているが、今回の調査で西太平洋のコククジラと思われていた個体が実際には東太平洋のコククジラだった可能性もあることが判明。西太平洋のコククジラの個体数はさらに少ない可能性もあると研究者は指摘している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]