小惑星に「マララ」 NASAの科学者が命名

マララ・ユスフザイさん

マララ・ユスフザイさん

(CNN) 史上最年少でノーベル平和賞を受賞したパキスタンの少女、マララ・ユスフザイさんの名前が、小惑星の名として永遠に残ることになった。

米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所の宇宙物理学者、エイミー・メインザー氏は、2010年6月に新たな小惑星を発見していた。これを「マララ」と名付けることにしたという。

「数多い小惑星の中でも女性の業績をたたえて命名されるケースはめったにない」という、研究員の指摘がきっかけになった。

小惑星「マララ」は火星と木星の間の小惑星帯にあり、5年半の周期で太陽の周りを回っている。直径は約4キロで、表面の色はプリンターのトナーのような非常に黒ずんだ色とされる。

マララさんは、女性が教育を受ける権利を主張してイスラム武装勢力タリバーンの銃撃を受け、奇跡的な回復を遂げた。メインザー氏は「人類が直面する難しい問題を解決するために、人口の半分を占める女子の能力がどうしても必要だ」と強調している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]