家賃は無料、ただし執筆すれば 米デトロイトで野心的なプログラム

執筆活動をすれば家賃が無料になるプログラムがデトロイトで進められている

執筆活動をすれば家賃が無料になるプログラムがデトロイトで進められている

(CNN) かつては「モーターシティー」と呼ばれ米自動車産業の中心地として国内経済を牽引(けんいん)したミシガン州デトロイト。幾度となく苦境を経験したこの町で、住宅と文学を結びつけた野心的なプログラム「デトロイト・ライト・ア・ハウス」が進められている。

非営利のプロジェクトでは、クラウドファウンディングなどを通じて資金を集め、差し押さえになった住宅を買い上げ、リフォームする。そして、その家を、フィクションやノンフィクション、脚本、詩、ジャーナリズムといった分野で将来有望な人物に住んでもらう。

プログラムの最初の参加者になったのがキャシー・ロシュトーさん(29)。ニューヨーク・ブルックリンからデトロイトに移り住んできた。ロシュトーさんのすべきことは、保険や税金の支払いと、地元の読書会への参加、そして、少なくとも2年間の居住だ。

ロシュトーさんはCNNの取材に対し、まだ信じられないとしながらも、「家は気に入ったし、実際にそこに行って生活を始めることでとても興奮している」と語った。

このプロジェクトは、作家で広告代理店のクリエーティブディレクターであるトビー・バーローさんと、作家でジャーナリストのサラ・コックスさんのアイデアから生まれた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]