温室効果ガス、「今世紀末にほぼゼロ必要」 IPCC

気候変動の影響、識者に聞く

(CNN) 国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」は13日に発表した最新の報告書で、世界の温室効果ガス排出量を今世紀末までに「ほぼゼロ」のレベルまで削減する必要があると指摘した。

IPCCは6年ごとに気候変動についての評価報告書を出している。今回は昨年9月の第1作業部会、今年3月の第2作業部会に続き、第3部会の報告書が発表された。

IPCCによると、温室効果ガスの排出をこのまま放置すれば、2100年の世界の平均気温は産業化以前に比べて摂氏3.7~4.8度も上昇し、地球環境に重大な影響を及ぼす恐れがある。最新の報告書は、気温の上昇を摂氏2度以内に抑えるためには温室効果ガスの排出量を2050年までに40~70%削減し、2100年にはゼロ近くまで減らす必要があると警告した。

報告書をまとめたドイツの経済学者、オットマー・エデンホーファー氏はベルリンでの記者会見で、「世界が直面する課題は非常に大きいが、解決の手段はいくつかある。この報告書は課題の内容とともに、わずかな希望を示している」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]