氷河崩壊の波でサーフィン、世界の波を追い続ける米男性

氷河から氷の塊が落ちる瞬間。手前の海上に浮かんでいるのがマクナマラさん=同氏提供

氷河から氷の塊が落ちる瞬間。手前の海上に浮かんでいるのがマクナマラさん=同氏提供

(CNN) 凍るように冷たいアラスカの海で、1日20時間、1週間にわたって過ごす。高さ90メートルの氷河の下で男が待っていたのは、氷河が崩れて引き起こす「波」だった。

ハワイ在住のギャレット・マクナマラさん(45)はプロのサーファーとして、世界中の大きな波を追い求めてきた。そんなマクナマラさんの心によぎったのは、誰も挑戦したことがない氷河の崩壊で起きる波を利用したサーフィンだった。

2007年、マクナマラさんはこの挑戦のためにアラスカに向かい、1週間にわたり冷たい海でチャンスを待ち続けた。そして氷河から高さ75メートルの氷塊が落下する場面に遭遇。崩壊で生じた高さ2メートルの波に乗ることに成功した。

マクナマラさんは「今まで一番死に近い瞬間だった」と当時を振り返る。「首まで海に使った状態で、高さ90メートルの氷河を見上げていた。氷塊が落ちるのを待ちながら、まっすぐに落ちてくれと祈っていた。もし氷が横倒しになったら自分もつぶされてしまうから」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]