NYタイムズ、161年前の記事を訂正 アカデミー賞で発覚

(CNN) 米有力紙ニューヨーク・タイムズが4日付で、1853年1月20日に掲載した記事の訂正を出した。今年のアカデミー作品賞受賞作「それでも夜は明ける」の原作者ソロモン・ノーサップの紹介記事で、名前のつづりに間違いがあったことを読者から指摘された。

問題の記事は、アフリカ系米国人のノーサップが、自由の身だったにもかかわらずだまされて売られ、奴隷として働かされた経緯を紹介する内容。

本来「Northup」とつづるべきノーサップのつづりを、見出しで「Northrup」、本文では「Northrop」と記していた。

ノーサップの回想録を原作とする映画「それでも夜は明ける」が2日にアカデミー賞を受賞したことで注目が集まり、読者が161年前のこの記事を発見。短文投稿サイトのツイッターなどを通じてうわさが広まった。

ニューヨーク・タイムズは訂正文の中で、「このミスは、ツイッターのユーザーがタイムズの過去記事の中から見つけ出して3日に発覚した」と説明している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]