キリン処分の動物園に殺人予告、是非巡る論議白熱

2014.02.11 Tue posted at 10:58 JST

[PR]

(CNN) 同系交配を防ぐ目的でキリンを殺処分したデンマークのコペンハーゲン動物園に対し、殺人予告メールや電話が相次いでいる。同動物園が10日に明らかにした。ネットやメディアでは殺処分や解体の様子を一般公開することの是非を巡る議論や、欧州と米国の文化の違いを巡る論争が白熱している。

コペンハーゲン動物園は9日にオスのキリン「マリウス」を処分して、解体する様子を観客に公開、死骸はライオンやトラの餌として与えた。これに先立ちネットで呼びかけられた助命嘆願には、2万7000人の署名が集まっていた。

動物園広報によれば、マリウスの処分を受けて職員数人が脅迫され、特に調査保全責任者のバンク・ホルスト氏に対しては名指しで電話とメールの脅迫があったという。

キリンの殺処分について、米国では一部の専門家から疑問を投げかける声も上がっている。

一方、欧州の345施設が加盟する欧州動物園水族館協会(EAZA)のレスリー・ディッキー代表は、デンマークの常識を巡る誤解が生じかねないと指摘する

ディッキー氏は「人々は恐らく広い視野を失っていて、我々動物園側は恐らく、ごくまれに今回のような決断をしなければならない理由についてうまく説明できていなかった」と語る。

メールマガジン

[PR]