海岸に打ち上げられたクジラ数十頭を救出 NZ

海岸に打ち上げられたクジラ=Department of Conservation提供

海岸に打ち上げられたクジラ=Department of Conservation提供

(CNN) ニュージーランド南島の北部に位置するフェアウェル・スピットの海岸に打ち上げられた数十頭のクジラ(コビレゴンドウ)が18日、無事に救出された。

ニュージーランド環境保護局(DOC)のジョン・メイソン氏によると、海岸で53頭のクジラが発見され、ボランティアのグループがそのうち40頭をより深い海に戻すことに成功し、その大半は元気な様子だという。しかし10頭は依然として危険な状態で、今も海岸近くをさまよっている。

フェアウェル・スピットは南島北部のゴールデンベイの上部を構成する長い釣り針のような形をした砂地のエリアで、浅瀬に惑わされるためか、クジラが海岸に打ち上げられるのはめずらしくないという。

ゴールデンベイで複数のクジラが海岸に打ち上げられる事件は、最近だけで今回を含め5回起きており、これまでに少なくとも22頭のクジラが死亡している。

当局はクジラの救出や監視をするボランティアを募っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]