ダイエット飲料で割ったカクテルは酔いが回りやすい? 米研究

2013.02.07 Thu posted at 11:56 JST

[PR]

(CNN) 同じウオツカベースのカクテルでもダイエット飲料で割ると、通常の炭酸飲料を使った場合よりアルコールが回りやすくなるとの研究結果が、このほど発表された。ダイエット飲料入りのカクテルは胃を早く通過する性質があり、アルコールが体に吸収されるペースが早くなるのが原因とみられている。

米ノーザン・ケンタッキー大学の心理学者らが男女学生各8人を対象に実施した研究を、アルコール依存症治療の専門誌で紹介した。

対象者はいずれも、付き合い程度に酒を飲むタイプ。それぞれ研究室を2回ずつ訪れてカクテルを飲んでもらい、アルコールの影響を調べた。

1回はウオツカと人工甘味料の入ったダイエット炭酸飲料、もう1回はウオツカと砂糖入り炭酸飲料を混ぜたカクテルを、いずれも約10分間で飲み干すよう指示した。

1回当たりのアルコール量は、通常だと血中アルコール濃度が飲酒運転すれすれのレベルに達する量にそろえていた。ところが飲んだ後で呼気検査を実施したところ、ダイエット飲料で割ったカクテルの場合だけ、法定レベルを超えるアルコールが検出されたという。

メールマガジン

[PR]