バフェット氏とのランチ、最終回は25億円超で落札

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウォーレン・バフェット氏/Johannes Eisele/AFP/Getty Images

ウォーレン・バフェット氏/Johannes Eisele/AFP/Getty Images

(CNN) 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏との昼食会への参加権を競う恒例のオークションが開催され、今年は匿名の入札者が過去最高の1900万ドル(約25億6000万円)で落札を果たした。

落札者はニューヨークの老舗ステーキハウス「スミス・アンド・ウォレンスキー」で7人までのゲストとともに、バフェット氏との昼食会を楽しむ権利を手に入れた。

オークションは今月12日にスタート価格2万5000ドルで始まり、17日に締め切られた。落札額は、前回開催された2019年に仮想通貨「トロン」の創設者、ジャスティン・サン氏が記録した約457万ドルの4倍を超えた。

バフェット氏との昼食会をかけたオークションは同氏の前妻、故スージーさんが00年にスタートさせ、03年からは米ネット競売大手イーベイが運営。収益はサンフランシスコ地域の貧困層を支援する団体、グライド財団に寄付されてきた。過去2年間は新型コロナウイルス感染拡大の影響で見送られた。

これまでに寄付された収益は計5300万ドルに上るが、今年を最後に終了する。グライド財団のカレン・ハンラハン会長兼最高経営責任者(CEO)は報道発表の中で、長年に及んだバフェット氏の貢献に感謝の意を表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]