米、5歳未満もワクチン接種へ CDCが勧告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米疾病対策センター(CDC)が、生後6カ月から5歳までの子どもを対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を勧告した/Emma H. Tobin/AP

米疾病対策センター(CDC)が、生後6カ月から5歳までの子どもを対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を勧告した/Emma H. Tobin/AP

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)のワレンスキー所長は18日、生後6カ月から5歳までの子どもを対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種を勧告した。これを受けて20日以降、各地で接種が始まる見通しとなった。

米食品医薬品局(FDA)は17日、米モデルナ製、ファイザー製ワクチンの緊急使用許可(EUA)の対象を拡大し、生後6カ月からとすることを承認した。これを受けて18日、CDCの諮問委員会が全会一致で勧告を支持していた。

バイデン大統領は18日、CDCの勧告を歓迎する声明を発表。新型コロナとの闘いにおける「歴史的な前進」だと強調した。

新たに勧告が出たのは、モデルナ製が生後6カ月から5歳までの子どもへの2回接種、ファイザー製が生後6カ月から4歳までの子どもへの3回接種。

ファイザー製は現在、5歳以上の子どもへの追加接種まで承認されている。CDCの諮問委員会は23日も会合を開き、6~17歳を対象としたモデルナ製ワクチンの2回接種について検討する。

CDCの諮問委員会で専門家らが指摘したところによると、新型コロナは0~19歳の年齢層で感染症関連の死因のトップに位置している。これまでに200万人の子どもが感染し、1万人が入院、200人あまりが死亡したとされ、感染後の重い合併症も報告されている。

米小児科学会や小児診療看護師協会もCDCの勧告を支持し、接種の推進を強く呼び掛けた。

一方で今までの経緯からみて、子どもへの接種に消極的な親も多いことが予想される。CDCの統計によると、昨年11月に接種対象となった5~11歳の子どものうち、すでに接種を完了したのはわずか29%にとどまっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]