米スターバックス、エナジードリンクに参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米スターバックスの新製品「Starbucks Baya Energy」/Starbucks

米スターバックスの新製品「Starbucks Baya Energy」/Starbucks

ニューヨーク(CNN Business) 米コーヒーチェーン大手スターバックスが、エナジードリンクの新製品「Starbucks Baya Energy」を発表した。小売店やオンラインストアで今週から販売を開始し、米国内のスターバックスでは3月1日に発売する。

Bayaのフレーバーは「マンゴーグアバ」「ラズベリーライム」「パイナップルパッションフルーツ」の3種類。12オンス(約350ミリリットル)缶1缶あたり90キロカロリーで、カフェイン160ミリグラムを含有する。希望小売価格は2.89ドル(約330円)。

スターバックスにとってエナジードリンクの発売は、魅力的な市場に参入する手段になる。

市場調査会社ユーロモニター・インターナショナルによると、エナジードリンクの米小売市場は、2020年の約160億ドルから、21年は180億ドルへと急成長している。

ただしスターバックスがこの市場に食い込むのはそれほど簡単ではなさそうだ。エナジードリンク市場は、根強いファンに支持された少数のメーカーの独占状態にある。

そうした中でスターバックスは、Bayaの成分で違いを際立たせたい意向だ。

競合製品と違って、Bayaはコーヒーの果実とコーヒー豆からカフェインを抽出するほか、ビタミンCが90ミリグラム含まれる。

Bayaのほかに、今年はフラペチーノにも、オートミルクを原料とする「キャラメルワッフルクッキー」と「ダークチョコレートブラウニー」の2つのフレーバーが加わる。

スターバックスは昨年から全米の店舗でオートミルク飲料の販売を開始していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]