米テスラが4~6月期決算発表、純利益1200億円と好調

マスクCEO率いるテスラの4~6月期決算が市場予測を上回る好調を記録した/Samuel Corum/Bloomberg/Getty Images

マスクCEO率いるテスラの4~6月期決算が市場予測を上回る好調を記録した/Samuel Corum/Bloomberg/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米電気自動車(EV)大手テスラが発表した2021年4~6月期の決算は市場予測を上回るなど好調で、純利益は過去最高となる11億ドル(約1200億円)を記録した。

純利益は1~3月期の2倍以上となったほか、1年前の10倍超となっている。

注目すべき点は、大幅な増収の実現のために他の自動車メーカーへの規制クレジットの販売に依存していないところだ。4~6月期の規制クレジットの販売による売り上げは3億5400万ドルにとどまっている。テスラがこれまでの決算で好調な調整後利益を報告していた際には、厳しい環境基準に合わせるために購入が必要だった競合他社への規制クレジットの販売に依存していた。テスラに批判的な人々はこの点を攻撃し、テスラは実際には自動車を販売して収入を得ているわけではないと指摘していた。

売上高も120億ドルと市場予測を上回った。

それでも、マスク最高経営責任者(CEO)は、テスラの成長が半導体不足によって打撃を受けていると認めている。半導体不足は他の自動車メーカーやさまざまな製造業者にも影響を及ぼしている。

マスク氏は投資家に対して、「我々は全速力で自動車を製造しているが、世界的な半導体不足の状況は依然として非常に深刻だ」と指摘。年内はテスラの成長率はサプライチェーン(供給網)の最も速度の遅い部分によって決定づけられることになるとの見通しを示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]