トランプ氏が元保有の建物、爆破で解体 米アトランティックシティー

トランプ氏が元保有の建物、爆破で解体

ニューヨーク(CNN Business) 米ニュージャージー州アトランティックシティーでこのほど、ドナルド・トランプ前大統領がかつて保有していた「トランプ・プラザ・ホテル・アンド・カジノ」の爆破による解体作業が行われた。同施設の約40年の歴史が幕を閉じた。

1984年開業のトランプ・プラザ・ホテル・アンド・カジノは、一時はトランプ氏の不動産ビジネスの中心的な施設だった。

CNN提携局WPVIによれば、現在の所有者は著名投資家のカール・アイカーン氏で今後の開発計画は発表されていない。爆破に際しては見物客が集まったほか、近くのホテルでは解体の様子を見物するための特別なパッケージも用意された。

米紙ニューヨーク・タイムズによれば、34階建ての建物の解体には約3000個のダイナマイトが使われた。解体自体は数秒で終了した。

トランプ氏の数十年にわたるアトランティックシティーとのつながりは、壮大な野望と不安定な財務状況に彩られている。同地にあった「トランプ・タージマハル」はかつて「世界8番目の不思議」とも呼ばれたが大きな成功を収めることなく2016年に閉鎖された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]