米ニューヨーク州、レジ袋禁止の法律が施行

米ニューヨーク州で、レジ袋を禁止する法律が施行された/Eduardo Munoz Alvarez/Getty Images

米ニューヨーク州で、レジ袋を禁止する法律が施行された/Eduardo Munoz Alvarez/Getty Images

(CNN) 米ニューヨーク州で19日、レジ袋を禁止する法律が施行された。ニューヨーク州のクオモ知事が承認した同法は2020年3月1日に施行される予定だったが、レジ袋の製造業者による訴訟や新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。

州の最高裁判所は先月、訴えを棄却したが、施行に備えるため事業者には30日前までの通知が必要だとしていた。

州の環境保護当局によれば、ニューヨークの人々は年間で推計230億枚のレジ袋を利用し、そのうちの約85%が最終的にごみとなる。それぞれの袋の平均の利用時間は約12分だという。

クオモ知事は法令への署名時に、道端や埋め立て地、水路でビニール袋を目にしたことがあると思うが、そうしたビニール袋が大きな被害を与えていることに疑いはないと指摘した。

調理していない肉や魚、果物、野菜、処方薬、ドライクリーニングについては引き続き、ビニール袋が利用できる。

買い物客は自身で買い物袋を用意したり、少額を支払って紙袋を購入したりすることになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]