英GDP、前期比20.4%減 過去最大の落ち込み

新型コロナウイルスの感染拡大抑止に向けたロックダウン(都市封鎖)の影響などで英国のGDPは前期比20.4%減と大きく落ち込んだ/Leon Neal/Getty Images

新型コロナウイルスの感染拡大抑止に向けたロックダウン(都市封鎖)の影響などで英国のGDPは前期比20.4%減と大きく落ち込んだ/Leon Neal/Getty Images

ロンドン(CNN Business) 英政府が12日に発表した4~6月期の国内総生産(GDP)は前期比20.4%減と、主要経済国の中でも最大級の落ち込みを記録した。

4~6月期は同国で記録されている1955年以降で最大の下げ幅で、1~3月期の2.2%減に続くマイナス成長となった。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けたロックダウン(都市封鎖)措置で、サービス業や製造業、建設業などが特に深刻な打撃を受けた。

スナク財務相は「きょうの数字で厳しい時代の到来が確認された」「すでに何十万もの人が職を失った。残念ながら今後数カ月でさらに多くの失業者が出るだろう」と述べる一方、「我々はこの難局を乗り越える」と強調した。

国家統計局(ONS)によると、1~6月を合わせた下げ幅は昨年末に比べて22.1%減。ドイツやフランス、イタリアを上回り、米国の10.6%減の約2倍に及んだ。

英国では3月以降、73万人の雇用が失われたとの統計も発表されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]