米J&J、新型コロナのワクチン 「来年早々」にも供給へ

ジョンソン・エンド・ジョンソンは新型コロナウイルスに対するワクチンの実用化を来年初めにも実現する考えを明らかにした/Mario Tama/Getty Images North America/Getty Images

ジョンソン・エンド・ジョンソンは新型コロナウイルスに対するワクチンの実用化を来年初めにも実現する考えを明らかにした/Mario Tama/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは30日、新型コロナウイルス予防ワクチンの臨床試験を9月までに開始し、来年初めにも使用できるようにすることを目指すと発表した。

発表によると、同社は今年1月からワクチンの開発を進めている。米厚生省の生物医学先端研究開発局(BARDA)と提携し、研究や開発、臨床試験に投資する資金は総額10億ドルとなる見通しだ。

アレックス・ゴースキー会長兼最高経営責任者(CEO)は「できるだけ早く、全世界で適正価格での使用を可能にする」と表明した。

来年初めには緊急使用の認可に基づく供給を開始するのが目標。認可後に向けて、全世界で生産能力を拡大するという。

米国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)では今月、米バイオテクノロジー会社モデルナのワクチンを使った臨床検査の第1段階が始まっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]