映画配給の20世紀フォックス、ディズニーが「20世紀スタジオ」に社名変更

伝統ある20世紀フォックスの社名から「フォックス」が外される/Valerie Macon/AFP/Getty Images

伝統ある20世紀フォックスの社名から「フォックス」が外される/Valerie Macon/AFP/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 「サウンド・オブ・ミュージック」「スター・ウォーズ」などの大作映画を85年以上にわたって配給してきた「20世紀フォックス」。同社を買収したディスニーが、この社名から「フォックス」を外して「20世紀スタジオ」に変更する。

系列の映画制作会社「フォックス・サーチライト」の社名も、「サーチライト・ピクチャーズ」に変更される。

ディズニーは昨年、フォックスの資産を710億ドルで買収した。社名からフォックスがなくなっても、ロゴやタイトルカード、冒頭に流れる音楽は、フォックスの文字がなくなる以外は、そのまま変更しない。

サーチライト・ピクチャーズの新社名は、2月14日に公開される「ダウンヒル」から使われる。20世紀スタジオは、同月21日公開の「野性の呼び声」から登場する。

今回の社名変更を、ハリウッドの一時代の終わりとして惜しむ声もある。

20世紀フォックスは1935年、トゥウェンティエス・センチュリー・ピクチャーズとフォックス・フィルムズの合併によって誕生した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]