ルイ・ヴィトン擁する仏企業、米ティファニーに買収を提案

仏LVMH、ティファニーに買収提案

香港(CNN Business) ルイ・ヴィトンやクリスチャン・ディオールなどの高級ブランドを展開するフランスの大手LVMHは28日、米高級宝飾大手ティファニーの買収に向けた交渉を行っていることを明らかにした。

LVMHは、ティファニーとの「取引の可能性」について「予備的な交渉」を行ったとした上で、「そうした交渉が何らかの合意に結びつく保証はない」とした。

ティファニーも28日に声明を発表し、LVMHから1株当たり120ドルで買収する計画を持ちかけられたことを明らかにした。これは25日の終値に20%以上乗せした額で、買収が成立した場合、ティファニーの評価額は約145億ドル(約1兆5800億円)になる。

しかしアナリストの見方では、ティファニーは買収額の一層の引き上げを求める公算が大きい。

コーウェンのアナリスト、オリバー・チェン氏は、LVMHが買収を成立させるためには少なくとも1株当たり160ドルを提示する必要があると予測する。カルティエなどのブランドを抱えるリッチモンドといった大手が、競合する提案を行う可能性もある。

ティファニー株は28日の時間外取引で30%以上急騰して130ドルに迫り、投資家も提示額の引き上げを期待していることをうかがわせた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]