リー・アイアコッカ氏死去 クライスラー救った米自動車業界の象徴

米国の大手自動車会社2社を率いたリー・アイアコッカ氏が94歳で死去した/Lenny Ignelzi/AP

米国の大手自動車会社2社を率いたリー・アイアコッカ氏が94歳で死去した/Lenny Ignelzi/AP

ニューヨーク(CNN Business) 米フォード・モーターとクライスラーの経営者を歴任し、自動車業界の象徴的存在だったリー・アイアコッカ氏が2日、死去した。94歳だった。

アイアコッカ氏は1980年代、経営破綻(はたん)寸前に陥ったクライスラーを救った手腕で知られる。フォードのマスタングやクライスラーのミニバン開発でも主導的役割を果たした。

遺族もアイアコッカ氏が2日に死去したことを確認した。自然死だった。

1924年10月15日、ペンシルベニア州アレンタウンに生まれ、46年にフォード・モーターに入社。マスタングの開発を主導し、70年には社長に就任したが、ヘンリー・フォード・ジュニア氏によって78年に解任された。

「私は移民の子として生まれ、フォード・モーターの社長に上り詰めた」。アイアコッカ氏は1984年の自伝にそう記している。「ついにそこへ到達した私は世界の頂点にいた。だが運命が私に告げた。『まだ終わらせはしない。エベレスト山から蹴落とされる感覚を味わってもらおう』と」

78年にクライスラー入りしたアイアコッカ氏は、79年に最高経営責任者(CEO)に就任し、経営破綻寸前だった同社を救った。

米国の消費者には、「もっといい車が見つかるのなら、それを買おう」と呼びかけるクライスラーのテレビCMの顔として親しまれた。

92年にクライスラーを引退し、95年にはストックオプションの行使を不正に妨害されたとして同社を提訴。これに対してクライスラーは、当時同社を買収しようとしていたカーク・カーコリアン氏に極秘情報を提供したとして、アイアコッカ氏を提訴した。両者の訴訟は1996年に和解が成立した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]