ナイキが「大きいサイズ」のマネキン導入、議論呼ぶ

ナイキの店舗に登場した「プラスサイズ」のマネキンが議論を呼んでいる/Nike

ナイキの店舗に登場した「プラスサイズ」のマネキンが議論を呼んでいる/Nike

(CNN) 米スポーツ用品大手ナイキが英ロンドンに構える旗艦店「ナイキタウン」に最近、「大きいサイズ」のマネキンが登場して議論を呼んでいる。

ナイキタウンが今月初めに新装オープンした女性向けフロアは、大きいサイズのスポーツウエアを豊富に取りそろえている。

これに合わせてマネキンも、女性たちの現実の体型に近付けた。丈の短い黒のトップスにレギンスを着せたその姿が注目を集め、たちまち賛否両論が巻き起こった。

「肥満を奨励している」「健康に悪影響を及ぼす」との批判がある一方で、歓迎する声も多い。

英紙ガーディアンによると、従来のマネキンの平均は身長約183センチ、ウエストは約61センチ。これに対して米国女性の平均的な体型は身長が約161.3センチ、体重が約77.3キロとされる。

2017年に摂食障害の専門誌に発表された論文は、女性が「普通の」マネキンと同じ体型だった場合はやせ過ぎと診断され、無月経や骨粗しょう症、貧血、免疫低下などの症状が出ると指摘した。

スポーツウエアの店がやせた体型を理想として売り込むのは特に問題が大きい。スポーツはやせた人のものというイメージを植え付け、体を動かしてみようと思い立った人々をかえって運動から遠ざけてしまう恐れもあるからだ。

英国では2015年、スポーツを奨励するキャンペーンに、多様な体型や年齢の女性たちが運動する写真を取り入れて効果を挙げたという報告もある。

ナイキのマネキンはむしろ健康増進に役立つ可能性があり、こうした動きがほかのブランドにも広まることが期待される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]