豪カンタスCEOがパイ攻撃の被害、同性婚支持で抗議受ける

2017.05.11 Thu posted at 13:00 JST

[PR]

香港(CNNMoney) 同性婚支持を表明しているオーストラリア・カンタス航空のアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)が、講演中にいきなり顔面にパイを押し当てられる被害に遭った。ジョイスCEOは10日に出した声明で、同性婚支持の姿勢は変わらないと強調した。

騒ぎが起きたのは9日午前。西部パースで開かれたビジネスイベントでジョイスCEOが講演を始めた直後に、男が壇上で背後から近づき、ジョイスCEOの顔面にパイを押し当てた。

男はすぐに警備員に取り押さえられ、ジョイスCEOは顔をぬぐった後に講演を続けた。

男はその後、地元メディアの取材に対し、同性婚を支持するジョイスCEOに物申したかったと主張。「今は本当にひどいことになっている。その問題の先頭に立っているのがジョイスだ」とかみついた。

カンタスをはじめとするオーストラリア大手企業の経営者は今年3月、政府に対して同性婚の合法化を促す書簡を送っていた。

ジョイスCEOは10日の声明で、「私の意見は変わらない」「我々は今後も先住民との和解、性の多様性、結婚の平等を含む社会問題の重要性について発言する」と表明。記者団に対し、「どんな嫌がらせを試みようが、私たちを黙らせることはできない」と力を込めた。

オーストラリアでは先月、政府への圧力を強めようと、同性婚合法化を求めるキャンペーンが開始され、カンタスなどの大手企業が後押ししている。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!