これが本当の「ダイヤモンドダスト」、ロールスロイスの仕上げに

2017.03.16 Thu posted at 20:50 JST

[PR]

ニューヨーク(CNNMoney) 英国の高級車メーカー「ロールスロイス」は16日までに、車体の塗装に砕いた本物のダイヤモンドの粉末状のものを使った特注の1台を完成させたと発表した。

塗装に要した経費などは明らかにしていないが、これまで製造した中で最も高額なモデルとしている。砕いたダイヤモンドは1000個としている。この超豪華な車を発注したのは個人だという。

「エレガンス」と名付けられたこの車はスイス・ジュネーブで最近催された自動車ショーで公開された。車体の色は、上部が濃い灰色で、下部が薄めの灰色。照明が車体に当たれば細かな輝きを発散するという。

同社によると、ダイヤモンドの塗装には2カ月を要した。技術者は念入りにダイヤモンド特有の光線透過率と反射性を調査。車体を触った際に滑らかな触感を保たせるための手法にも知恵を絞ったという。ダイヤモンドの粉末の塗装を終えた後、車体を磨く手作業ではラッカーを使ったという。

車体側面にはこれも手作業で描いた赤色と黒色のラインが走っている。

車体の画像はこちら(外部サイトに飛びます)

メールマガジン

[PR]