アマゾン、次は「空飛ぶ倉庫」? 配送に飛行船活用する特許

次は「空飛ぶ倉庫」?

次は「空飛ぶ倉庫」?

ワシントン(CNNMoney) 小型無人機(ドローン)による配送サービスの実現に取り組んでいる米アマゾンが、ドローンによる配送の高速化につながる飛行船を活用した「空飛ぶ倉庫」の特許を獲得していたことが6日までに分かった。

アマゾンが取得した特許は、都市の約1万3700メートル上空に飛行船を浮かべ、そこからドローンを発射するというもの。ドローンは最初重力に引っ張られて落下し、その後、モーターが起動する。

配送が終わると、ドローンは近くのシャトルに飛んでいき、シャトルがドローンを飛行船へと送り返す。これは、ドローンの飛行可能時間は30分程度で、ドローンの動力だけでは飛行船へと戻ることができないかもしれないからだ。

スポーツイベントなどでは空中に浮かんだ倉庫が特に役立ちそうだ。ドローンがチームのグッズや食べ物などを狭い地域にいる多くの観客に配送することができる。空飛ぶ倉庫はスタジアムの近くを飛行し、人気のグッズなどを保管しておける。

ただし、人の出入りの激しい場所で、ドローンがどのように配送を行えるのかは不明。これまでの試験運用では、ドローンは裏庭などの指定の場所に着陸していた。しかし、スタジアムにはドローン配送のための特別な区域は設けられていない。

また、物品の売り上げが落ちて収益が減る可能性があり、スタジアムの運営者がドローンの利用を許可しないこともあり得そうだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]